高反発マットレスで腰痛対策!構造や厚さなど徹底比較!

今話題の高反発マットレスを比較するサイトです。

高反発マットレスが腰痛に適している理由とは?

寝具により寝ている間にかかる体への負担は大きく変わります。
枕の高さもそうですが、体を休めるためのマットレスは特に重要です。
高反発マットレスは腰痛の人に適していると言われていますが、なぜ高反発素材のマットレスが腰痛に適しているのか?その理由を探ってみましょう。

高反発マットレスと低反発マットレス 腰痛に与える影響

最近注目されているマットレスには、高反発と低反発があります。

低反発というのは、反発力が低いため、圧力がかかった時に深くゆっくり沈み込み、ゆっくり元に戻ろうとします。
これに対して高反発素材は、反発する力が高いので、圧力がかかった時も沈み込みは浅くなります。

一見すると深くゆっくり沈み込む低反発素材の方が、寝心地が良さそうに思えます。
しかし腰痛がある場合は、体が深く沈む込む事で腰にかかる負担が大きくなる可能性も高くなります。
高反発素材なら沈み込みは浅いものの、体圧を分散する力も高くなるので、腰への負担を軽減する事ができるのです。
これが、高反発マットレスが腰痛に適していると言われる理由です。

寝ている時に腰にかかる体重は44%

10097785_s高反発マットレスについてもう少し詳しく見ていきましょう。
寝る時には体を倒しますから、立っている時とは違う姿勢になります。

人により寝やすい姿勢は異なりますが、仰向けになった場合の体重がかかる部位は、頭、肩、腰、足の4箇所です。この時最も多く体重の負荷がかかるのは、肩や腰です。
頭8%、足15%なのに対し、肩33%、腰は44%と、腰には体重の半分近い圧がかかっている事になります。
普通の羊毛や綿の布団に寝ると、体が沈み込む深さが大きくなり、その分腰と肩への負担も大きくなります。

低反発ならまだ反発する力が加わるので、体の沈み込みを少し和らげますが、腰痛がある場合は万全な状態とは言えません。
高反発なら反発する力が強い分、腰にかかる圧を分散させる力も強くなり、腰痛の原因を軽減する事が出来るのです。

立った状態の時は体を真っ直ぐにしても、緩くS字のようにカーブしている部分があります。
寝る時に体を倒すと重力がかかるため、S字のようなカーブではなくなります。
この時体圧がかかりやすい部位には多くの負担がかかっています。

高反発マットレスは、寝ている状態でも立っている時のS字のようなカーブを維持できるから、体が自然な状態で眠る事ができます。
柔らかいよりは硬い方が良いように思えますが、逆に硬すぎると体圧がかかる部分に痛みを感じやすくなります。

柔らかすぎず硬すぎない適度な硬度も高反発マットレスのメリットです。

公開日:
最終更新日:2016/05/29