高反発マットレスで腰痛対策!構造や厚さなど徹底比較!

今話題の高反発マットレスを比較するサイトです。

値段が安すぎるマットレスのデメリットとは?

高反発マットレスは、反発力が高いのでマットレスの上に体を乗せた時、体の沈み込みがあまり大きくなりません。
寝ている時は体の力が抜けているため、マットレスに当たる部分の負荷が大きくなります。
特に肩や腰には負担が集中しやすいため、寝具の種類によっては寝るたびに肩や腰に負担が掛かり、肩こりや腰痛が悪化する事もあります。
体を支え、寝ている時にかかる負荷を分散させるのが高反発マットレスのメリットです。
しかし高反発マットレスにも種類があって、クオリティが高いものは値段も高くなります。
中には安い高反発マットレスもありますが、キャンペーンや割引特典以外で、値段が安すぎるものはあまりおすすめできません。

価格と性能のバランスを見極める

そもそも高反発マットレスというのは、通常のマットレスとは違う特殊なウレタンを使用します。
メーカーにより使用する素材は異なりますが、寝ている間にかかる体への負担を軽減させるには、それなりの材料が必要です。
ただのウレタンとは異なる特殊な加工を施すため、作るのにもコストがかかります。
実際に有名メーカーの高反発マットレスを見てみると、1枚で3万円から5万円はします。
安いものは1万円前後でも購入できますが、作るためのコストを考えると高反発マットレスが1万円というのは少し安すぎるイメージです。
クオリティの高いものを安く売ってくれるのは、買う側にとっては嬉しい事ですが、これでは売れるたびに赤字になって行くので、商売が成り立ちません。
安すぎるのは粗悪品である可能性が高いのです。

もちろん中には材料選びから生産、販売まで他の業者を通さず全て自社でまかなっているメーカーもあります。
この場合は中間マージンがカットできる分、価格に還元できますが、それでも上質の高反発マットレスを作るには費用がかかるのです。

腰痛や肩こりに悩んでいるなら安物は高リスク!

a-a-a-a9高反発マットレスを使おうと考える人の多くは、腰痛や肩こりに悩んでいるからではないかと思います。
この場合安すぎる粗悪品を購入しても、本来の高反発マットレスにある効果は期待できないため、かえって肩こりや腰痛が悪化する事があります。
安いといっても無料ではありませんから、効果がなければ買いなおす事になり、余計に費用がかかります。
高反発マットレスは通気性に優れた素材ですが、安い物は通気性も悪いため、カビが生えやすくなります。
値段が安すぎる高反発マットレスを見つけたら、なぜ値段が安いか理由を調べてみましょう。
クオリティが高いものは価格も高めですが、その分商品には自信があるので、お試し期間や返品保証をつけています。
こういった保証の有無も良い高反発マットレスを見分けるポイントです。

公開日:
最終更新日:2016/05/29