高反発マットレスで腰痛対策!構造や厚さなど徹底比較!

今話題の高反発マットレスを比較するサイトです。

低反発マットレスとの違いは?どっちがいいの?

高反発マットレスと、低反発マットレスの違いを比べてみましょう。

反発力の違い

高反発と低反発という言葉が表しているように、体を乗せた時の反発力が違います。
低反発は反発力が弱く体を包み込むような感覚です。
高反発は反発力が高いので、低反発に比べると少し硬く感じますが、その分しっかりと体を支え、体圧を分散してくれます。
肩こりや腰痛がある人の場合は、寝ている時に体重負荷がかかる首や腰に負担がかかるので寝起きに肩や腰に痛みを感じる事があります。
これを低反発マットレスに変えると、体を包み込むようにフィットして体圧の負担を軽減してくれます。
高反発マットレスは腰痛持ちに良いと言われていますが、耐圧を分散する力は高反発の方が優れているからです。

寝心地の違い

22158956_s低反発は体を包み込むようなフット感がありますが、その分体重がかかる場所は大きく沈み込みます。
あまり体重がかからないところは沈みが浅くなるので、寝返りが打ちにくくなります。
寝返りを打たずにいると沈み込む場所に負担がかかる事があるため、腰痛持ちの人は高反発の方が良いかもしれません。
低反発はあまり厚みがないので、今使っている布団やベッドの上に敷くだけで使える物が多いです。
高反発は厚みがあるので、1枚でも使う事ができます。
その分耐久性にも優れていますし、寿命も長いのできちんとメンテナンスをすれば10年近く使える物もあります。

低反発は薄いから丸めてしまっておく事もできますし、中には洗濯できる物もあるから清潔に使えます。
高反発は洗濯には不向きですが、通気性に優れているので、日陰干しをしたり、マットの上下・裏表のローテーションをこまめに行ったりする事で長く使えます。
統計では高反発マットレスを選ぶ人が多いようです。
これはプロスポーツ選手などもファンが多く、テレビCMでも愛用している事を公開しているなども関係しているようです。

腰痛持ちの人は基本的には高反発マットレス

a-a-a-a14長く使える事と、腰痛や肩こりという多くの人が抱える悩みを、寝具を変えるだけで解消してくれるというのも人気の理由となっています。
もちろん腰痛持ちの人でも、高反発マットレスは合わず、低反発マットレスの方が快適と感じる事はあります。
どちらがいいかは個人差も大きくなりますが、実際に使ってみるとその違いもよくわかります。
通販でも購入できますが、おすすめは実際に試してから購入する事です。
通販で購入する場合は、使用後でも返品と返金が可能な物、お試し期間が付いている物を選ぶと安心です。

公開日:
最終更新日:2016/05/29