高反発マットレスで腰痛対策!構造や厚さなど徹底比較!

今話題の高反発マットレスを比較するサイトです。

古くなったマットレスを処分したい。廃棄方法は?

高反発マットレスの寿命はメーカーによっても異なりますし、メンテナンスの仕方や使い方でも変わってきます。
大切に使えば10年持つ物もありますが、毎日使う物である以上いつかは寿命がやってきます。
10年まではいかなくとも数年使えば元は取れますが、新しく買い換える時に古いマットレスを処分しなければいけません。
古くなったマットレスを処分したい時の、廃棄方法をチェックしてみましょう。

有料回収サービスを活用する

お店により対応は異なりますが、新しいマットレスを購入する時に、有料で古いマットを回収してもらえる事があります。
料金もお店やメーカーで異なりますが、大体3,000円前後で回収してくれますから、料金がかかってもいいなら新品と交換で回収してもらうという方法があります。
ただし同じ店やメーカーでの購入を回収の条件にしている事もあるため、他社メーカーの物は回収対象外となる事もあります。

極力コストをかけないなら粗大ごみ

購入する時に回収するよりも安く済むのが、地域の粗大ゴミとして出す事です。
料金は地域により異なりますが、粗大ゴミとして出すという方法もあります。
自治体でルールは変わってきますが、一般的には粗大ゴミ専用のシールをコンビニやスーパーで購入して、ゴミに貼って出します。

粗大ゴミの収集がある時に決められた場所に持っていく、またはゴミ処理場まで自分で運ぶ事もでき、自分で運ぶと粗大ゴミとして捨てるよりも料金が安く済みます。
ただしゴミ捨てのルールに関しては、各自治体で異なります。
細かく刻んだり解体したりすれば、燃えないゴミとして捨てられるところもありますし、粗大ゴミとして以外扱わないという事もあります。
ここは各自で自治体のルールに従い処分してください。

分解は非推奨

高反発マットレスにコイルやスプリングが付いている場合は、粗大ゴミや大型ゴミとして捨てるにもかなり費用がかかります。
もし解体すれば、燃えるゴミと燃えないゴミに分別でき普通にゴミの日に出す事も考えられますが、管理人としてはこれはおすすめ出来ません。

手間がかかりすぎる上、危険を伴う可能性があるからです。
スプリング等が入っているためマットレスの種類によっては危険がないとも限りません。なので当サイトでは、回収サービスまたは各自治体の粗大ごみをおすすめします。

管理人が数年前にマットレスを廃棄した際には、粗大ごみ処理場が近かったので直接持ち込みました。詳細がわからない場合は市町村の自治体に問い合わせれば教えてもらえますし、ホームページでも確認できます。

ゴミ捨てルールは各自治体で異なりますが、そのままゴミ捨て場に捨ててOKとはなりませんので、必ずルールを守りましょう。
民間の業者に回収を依頼する事もできますが、大きいサイズになると回収料が高額になるケースもあります。

公開日: