高反発マットレスで腰痛対策!構造や厚さなど徹底比較!

今話題の高反発マットレスを比較するサイトです。

13層やすらぎマットレスの特長とおすすめポイント

高反発マットレスは低反発マットレスよりも厚みがあるのも特徴ですが、13層やすらぎマットレスはその名の通り極厚13層という贅沢なマットレスです。
厚さは27cmありますから1枚でも十分に使えますし、独自の体圧分散力が腰への負担を大幅に軽減してくれます。

13-003

13層やすらぎマットレスの上に横になるだけで、理想的な姿勢で眠る事ができます。
日本製ですから安心ですし、整体師も推奨しています。

13層やすらぎマットレスの構造

13層の秘密は、点で支える高反発コイルです。

13-001

構造を見てみると、上からハイグレードニット、マイティトップ2、ウレタン17mm、クラウドMAXウレタン20mm、ウレタン8mm、チップウレタン17mm、プレミアム高反発ホイル、チップウレタン17mm、ウレタン8mm、クラウドMAXウレタン20mm、ウレタン17mm、マイティトップ2、ハイグレードニットというとても贅沢で頑丈な造りである事がわかります。
マイティトップには抗菌作用と消臭作用があるから、清潔に使えます。

13層やすらぎマットレスの特長

13層やすらぎマットレスには、全部で8つの特徴があります。
27cmの極厚マット、3D高反発スプリング構造、6.5インチの極上コイルを使用、優れた反発力、抜群の通気性、防ダニ・抗菌・消臭、日本製という特徴です。
13層のそれぞれのパーツは、体圧を分散させ、反発力で体を支えます。
体圧を横に逃がす事ができるから、体への負担を大幅に軽減できます。
適度な硬さがあるから、寝返りも打ちやすく、寝返りを打った時にどこかに負担が集中するという事もありません。

13-004

注目すべきは日本最高級と言われる、極上のポケットコイルです。
ポケットコイルはスプリングが独立していて、一つずつを袋に詰めています。
点で体を支えるから、体圧を分散しやすくなっています。
通常のポケットコイルは、スプリング同士が組み合わさっているボンネルコイルに比べて耐久性に劣るのですが、独自の技術で耐久性と強度を高めているので安定感があります。
さらにコイルの配置を通常の並行配置ではなく、ハイブリッド配置を採用しています。
これにより体圧分散力と、耐久性がさらにアップしました。

13-007

高反発マットレスにも種類があって、中には薄手のものがあります。
価格も安く使い勝手がいい反面、厚みがないと長時間の睡眠中に、体にかかる負担が大きくなってしまう事があります。
13層やすらぎマットレスは、27cmというボリュームがしっかりと体を支え、体圧を横に逃がすので、通常負担がかかりやすい肩や腰への負担がほとんどありません。
これにより睡眠の質が向上し、快適な目覚めを実感できるでしょう。

公開日:
最終更新日:2016/05/29